Moi!モーイ日記

愛犬モーイとの日々を勝手気ままに綴った日記です

七変化まつり

アジサイの色は土で決まる。

土の中にあるアルミニウムが多いとアジサイアントシアニンと結合し、青色になるそうだ。一方でアルミニウムが少ないと、薄紅色やピンク色になるという。そして、アルミニウムは酸性の土壌で良く溶け、アルカリ性の土壌では溶けない性質がある。そのため、土壌が酸性なら青色、アルカリ性なら薄紅色になるのだそうな。

【左がアルカリ性、右が酸性の土壌】

そんな新たな学びを得た会場は「下田あじさい祭 」である。下田港を一望できる下田公園の敷地に300万輪のアジサイが華やかに咲き誇っていた。園内は小高い丘のため坂道が続くのだが、両サイドに美しいアジサイが咲いているため、撮影会を挟みながらゆっくりと進んだ。

モーイは坂道が大好きなのでリードを引っ張りながら先頭を走り、振り返ってはノロノロ歩く人間達を「早く行こうよ!」と鼓舞するのである。

【青に映えるモーイ】

歩きながら皆でアジサイ花言葉を調べてみると、色によって違うとな。白は「寛容」、ピンクは「元気な女性」と美しいイメージなのだが、青は「辛抱強い愛情」という意味の他に「移り気」「無常」など逆の意味合いを持つのだ。こうした花言葉は、アジサイの色が変わることから由来しているそう。

アジサイのもう一つの別名が「七変化」。色々な顔を持っているなんて人間らしくて気に入ったわ、と友人達とワイワイ盛り上がった。

【辛抱強い愛情】

↓下田あじさい祭り

坂道を登りながら300万輪の七変化を堪能したので、すっかりお腹がペコペコだ。そんな時はやっぱり「下田バーガー」へ!私がバーガー部門で1番好きなお店である。煮込まれた金目鯛がカリッと揚げられ、秘伝の甘辛ソースがたっぷりとかけられている。一口かぶりつけば金目鯛の脂とチーズ、甘辛ソースのマリアージュで昇天するのである。初めて食べた友人達も皆目を瞑って夢見心地であった。

【至極の逸品】

夢の世界へ行った人間達を呆れた目で見るモーイさん。「人間って感情が七変化して本当に忙しそう。私はただお散歩したいのに。」とピンクのアジサイのように純粋で元気な女の子は言うのであった。

↓下田バーガーのある道の駅「開国下田みなと